シロンの裏日記

家電やスマホ、パソコン等の情報を更新中

スポンサードリンク

新ブランド「Audiofly」インイヤーモニター「AF1120」—3月25日発売

インイヤーモニターとは

インイヤーモニター (In-Ear Monitor、略称:IEM) は、イヤフォン(インイヤーヘッドフォン)のうち、ステージ上のミュージシャンやオーディオエンジニアが音響チェックに使用したり、オーディオマニアが音楽を聴くのに使用するもの。周辺環境からのノイズ(雑音・騒音)を高レベルで遮断するため、例外なく外耳に挿し込んで装着する「カナル形」となっている。

インイヤーモニター(イヤモニ)のメリット

アーティストなどが、イヤモニを装着するメリッとは、自由に移動できるという点が挙げられる。MIXされた音声が直接耳元へと届くので自由に動き回っても場所による音の変化やタイムラグを気にせず使用することが出来る。ライブ中にアーティストが観客席まで降りて歌う場面などがあるが、これはイヤモニをしていないとタイムラグが数秒遅れて聞こえるためイヤモニが無いと到底できるものでは無い。

また、バンドなどを組んでおり、スタジオ練習を行ったことがあるなら理解できると思うが、とにかく爆音なのだ。ドラムに関してはPA機器などを通していなくても近くで話す事が不可能なくらいだ。イヤモニは歌手自信の耳に合わせたオーダーメイド品なので、フィット感は抜群で音の遮音性に関しても優れている。そのため耳を大事にしなければいけない歌手にとってイヤモニを使う事は、耳を守るという意味もある。

LEAVE A REPLY

*

Return Top