シロンの裏日記

家電やスマホ、パソコン等の情報を更新中

スポンサードリンク

スマホ・タブレットの充電を速くするには

第1章 充電の規格について

一般的にアンドロイド用の充電器は、規格が決まっています。
このようなUSBケーブルは、「microUSB タイプB」などと言われています。

「microUSB タイプB」には、同じ形でもいくつか種類があります。

種類1 「急速充電1」

種類2 「Quick Charge1.0」

この種類1及び2について、名前は違いますが全く同一の規格を表してます。
※携帯ショップ等では急速充電と説明しています。海外では、「Quick Charge」と記載されています。

この規格が表示されている充電器に変えるだけで、充電速度はかなり改善されます。

ですが、世の中技術の進歩は凄まじいので、さらに高速に充電する為の上位規格が存在します。

「Quick Charge2.0」「高速充電2」
・Qualcomm社が開発した規格
・普通のQuick Charge1.0よりも、約75%高速充電が可能となります。

ここで注意する必要があるのが、端末と充電器、さらにケーブルが規格に対応している必要があります。

正確に説明すると、Qualcomm社のCPUが搭載されているスマホの中で、「Snapdragon 801」以降のスマホ
が対応しています。

一般的に「Xperia Z3」以降のスマホであれば対応してます。
充電器は、Quick Charge2.0や高速充電2などの記載を確認して購入することをオススメします。

純正の充電器に拘る人は、携帯ショップ等で、「充電器 05」と言えば売ってくれます。

純正以外の充電器の場合、「Anker 」製品などがネットでの評価が高いです。

「Quick Charge 3.0」

さらに上位規格となるのが、「Quick Charge 3.0」です。

さらに、「Quick Charge 2.0」よりも40%ほど充電速度が速い規格となっています。
こちらも、自分のスマホが対応しているか調べてから購入する事をオススメします。

ですが、上位規格を購入して下位規格と繋げても支障はないので、最初から上位規格の充電器を用意
するのも手だと思います。

LEAVE A REPLY

*

Return Top