シロンの裏日記

家電やスマホ、パソコン等の情報を更新中

スポンサードリンク

スマホの充電”type-C”ケーブルの秘密!規格の違いとは

スマートフォンやタブレット端末などの充電端子は、type-Cケーブルで充電する機会が増えてきました。実は、type-Cケーブルには色々な規格があり、対応したケーブルを使用しないと高速充電が出来なかったり、映像出力が出来ないなどの弊害が出てきてしまいます。そこで、何種類かネット上で購入できるケーブルを実例に性能の違いについて紹介していきたいと思います。

そもそもタイプC(type-C)ケーブルって何!?

USB Type-Cは、2015年から登場した、上下左右を対称の形にしたUSBコネクタのことで、端子の上下を問わずに挿入できるため、向きを確認する必要が無いケーブルです。

Type-Cの大きな特徴は、PCなどの周辺機器に対応している点があげられる。データの転送速度もType-AやType-Bでもっとも高速な規格はUSB3.0で、最大データ転送速度は5Gbps。一方で、Type-Cが準拠しているのはUSB 3.1とUSB 3.2という比較的新しい規格にあたり、前者の最高速度はUSB3.0の2倍にあたる10Gbps、後者に至っては4倍の20Gbpsを誇る。

さらに、Type-Cには「オルタネートモード」という機能もある。これはType-Cのケーブルを介して別の規格の信号を流せる技術で、これまでは対応していなかった「HDMI」や「DisplayPort」、「Thunderbolt」といった規格もUSBで使用できるようになった。Type-Cは、映像出力さえも1本でこなしてみせる万能ケーブルなのです。

すべてのtype-Cケーブルが同じ規格とは限らない

type-Cの規格を見るだけで夢の様なケーブルに聞こえるかもしれません。しかしそこに大きな落とし穴があるんです。形状はすべて同じケーブルなのに見た目で判断出来ない部分で転送速度から「オルタネートモード」対応・非対応など購入前に事前にチェックしてないと、大きな失敗をする可能性が十分にあります。

最近は、ケーブルの他に、窒化ガリウムを採用した、高速充電アダプターなどが増えてきました。しかしケーブル1本違うだけで高速充電が実は出来てなかったなんてこともあります。

スマホ充電!遅いと感じているならガリウム(GaN)充電アダプターに切り替えるべき

type-Cケーブル比較してみる

アマゾンや楽天でtype-Cケーブルを調べてみると、多種多様なメーカーの製品が出てきます。その中で比較的値段の高いケーブルと安いケーブルを見かけたことはないでしょうか?単純に値段だけの差では無く明確に、規格対応品か非対応品なのかで値段が大幅に変わってきています。

Anker製 type-C& type-C 高速充電などの規格対応品

 

筆者が確認したところ、Anker製の現状、最高の規格品ケーブルがこちらになります。このケーブル以外がまがい物となわけではなく、対応規格が多い・少ないの違いですが、こちらのケーブルを購入しておけば、まず間違いなく高速充電や映像伝送が可能になります。

最大の特徴が、充電速度がMAX100Wまで対応(充電アダプターの最大出力に依存しますが)USB-PD対応ケーブルということで、5A×20V=100Wの充電が理論上可能になっています。その他、転送速度に関しても、40Gbpsまで対応しているのでSSDなどの高速ドライブとの接続やテレビ番組などの録画映像など遅延なく使用するためには理想の転送速度となっています。

その他、映像出力が可能な「DisplayPort」も対応しているため、出力端子がテレビなどの端末にあれば映像も出力できます。

Anker製 type-C& type-C 高速充電などの規格非対応品

こちらの商品は、一般的に安価な値段で出回っているケーブルと同じタイプとなります。先に紹介したケーブルと比べると値段がかなり安く感じると思います。また規格などを気にせず値段で購入を検討していた人からすると、こちらのケーブルを間違いなく購入するのではないでしょうか?

記事の冒頭でも紹介した通り、規格欄をよく確認してみてください。一見、ページを良く作りこまれているのでしっかりとしたケーブルに見えますが、転送速度が480Mbpsと先ほど紹介したケーブルの10分の1の転送速度なのを気が付いたと思います。また、映像転送も対応していません。

このように、見た目が同じでも規格の違いで性能の差がかなりあるんです。

type-Cケーブルを選ぶコツ

今回、2種類のケーブルの比較を行いました。規格に対応してない=ダメなケーブルではありませんので、そこだけは理解してください。現状、充電にしか使用しない人であれば、高速充電などの規格に対応してないケーブルでも十分使用出来るので、自分がどのように使用したいか検討してみてください。

よくあるトラブルでは、モニターなどの映像入力でtype-Cケーブルを指しても、映像が出てこないなんてことがあります。その場合は、お手持ちのケーブルの規格を調べてみてください。きっと解決することが出来ると思います。(ケーブルに型式など記載されてない場合が多いので、調べるのは大変だと思いますが・・)

是非、参考にしてみてください。

LEAVE A REPLY

*

Return Top